FC2ブログ
2015’11.15・Sun

楽しかった親子遠足

楽しかった親子遠足 大多摩ウォーキングトレイル 

エムズ・アカデミーを開設するにあたり、生徒たちに学力の向上だけではなく、
逞しく生きる力を育てたいと考えておりました。
素晴らしい自然の中で保護者の方と一緒に楽しいひと時を過ごすことが、
お子様たちの頑張る力、逞しく生きる力を育てると考え、
年1回親子遠足を計画しています。 

今年は、大多摩ウォーキングトレイル
6月に下見をし、とても気に入りました。
当初、10月11日に計画しましたが、あいにくの雨ふり。11月1日に実施。
予報では曇りでしたが、晴れてハイキング日和でした。
当日、参加予定のAちゃんのママから、「パパ&ママが体調を崩し、
参加できなくなりました」とメールを頂きました。
Aちゃんは元気とのことなので、とても残念でした。

今回は、中学生3名が参加、小学生5名、保護者の方5名と
マサコ先生とカメラマンの15名。
国立駅に8時に集合し、中央線・青梅線に乗って古里(こり)で下車。
古里到着は9時半。古里駅から、奥多摩駅までの渓流沿いの山道を歩きました。
途中には、観光わさび田があったり、展望台があったり、滝があったりと変化
にとんだアップダウンのある山道でした。

途中、ルートを外れ、鳩ノ巣キャンプ場に行きました。
下見の時に見つけた、吊り橋。予想通り、生徒たちは大喜び。
一度に3人以上が渡れないので、ちょっとスリルがありました。
でも、生徒たちは二人組になって、怖がることもなく、スイスイ渡っていました。
吊り橋が苦手なNちゃんのママ、吊り橋の高さをみて、
「このぐらいの高さなら、落ちても死なない。渡れます。」と勇んで、
渡り始めました。吊り橋のロープを、両手でしっかりつかんで、
皆に励まされながら、一歩一歩慎重に歩き始めました。
が、腰が引けていて渡り切れるかな?と心配していたら、後ずさりしてきました。
誰にも、苦手なことはありますよね。でも、果敢に挑戦したことには拍手です。
     吊り橋

双龍の滝を見て、雲仙橋を渡り、水神の滝を見て、白丸ダムのところで、
国道に出ました。ダムのところで魚道をみて、しばらく国道を歩きました。
景色     山道

数馬峡橋のところで、トレイルのルートに戻りました。
そこで、昼食。お弁当を食べ終わると、お菓子の交換が始まりました。
その光景、とても楽しそうでした。
しばらくしたら、おにごっごが始まりました。子どもたちはタフですね。

数馬峡遊歩道、アップダウンや階段があり、みんなハアハアとちょっと荒い息づかいでした。
しばらく歩くと広い空き地があり、そこでなぞなぞクイズをしました。
中学生は、ちょっと頭が固くなっていて、なかなか手が挙がりませんでした。
なぞなぞはまじめに考えたら、ダメですよね。正解者はお菓子をゲット。
ゲームはママ・パパも一緒に参加して頂き, 『ハロウィン・ジャンケン』
(ハロウィンは前日に終わっていたのですが)をしました。
最初は全員がクモ。クモとクモがジャンケンして、勝つとコウモリ。
コウモリ、お化け、魔女、ガイコツ、最後には魔法使いと勝ち進むとお菓子をゲット。
生徒達だけではなく、ママ&パパも真剣にジャンケンしていました。
もう一つ『たこはち』ゲームをしました。かなり集中していないと、
脱落してしまうので、みんな真剣でした。
ハロウィンジャンケン     たこはち

予定通り、奥多摩駅発3時半ごろの電車に乗り、国立駅に4時半ごろに着きました。
一日中、生徒達はもちろん、ママ&パパもとても素敵な笑顔でした。
楽しければ、「頑張りなさい」なんて言わなくても、頑張るものなんですね。
勉強も同じじゃないでしょうか?

保護者の方のご協力で、何事もなく無事に帰ってくることができました。
親子で同じ体験をすることで、共通の話題で盛り上がりますよね。
     全員

ご協力、ご理解に心から感謝いたします。
スポンサーサイト



Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
今回は主人と娘が参加させていただきました。帰宅した娘は疲れも見せず、いろいろ楽しかった事を話してくれました♪
子どもの体力、回復力に最近驚かされます。
来年は参加したいです。楽しみにしてますね。ありがとうございました!

hママ:2015/11/16(月) 21:35 | URL | [編集]

親娘3人で参加しました。自分達では中々行かない所に行けるので本当に毎年みんなで楽しみにしています。最後まで元気に頑張ったので素敵な思い出になりました。ありがとうございました!

-:2015/12/08(火) 08:51 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack