FC2ブログ
2015’03.25・Wed

イースター・パーティ

イースター・パーティ

3月24日(火)、イースターパーティを行いました。 この日は、高学年と中学生の生徒と
ママたちに加して頂き、楽しいひと時を過ごしました。

ごあいさつ

Easterのおはなし 
4枚の絵を使ってイースターについて質問、今回は英語で質問をしました。
“Who is he?”“When is his birthday?”“What is his mother’s name?”などの質問に
英語で答えられました。すごいです。
そのあとに、世界の4つの宗教について少しお勉強しました。
     大 宗教
 
Story time (Katy Cat & Beaky Boo)  
Katyという名前のネコとBeaky Booという名前の鳥、二人は仲良し。
Katy が“I have whiskers. What do you have, Beaky Boo?” など、たくさんの質問をします。
5つの選択肢の中から、答えを選ぶという仕掛け絵本。
クイズに正解して、チョコをゲット。
     大 絵本

名前当てゲームをしよう   Who is she?  
6人の女の子の情報がカテゴリー別(出身地、好きな果物、プレーするスポーツ、
勉強する教科、知っているキャラクター、話す言語)に表になっています。
女の子の名前はEmma, Julie, Madison、Nicole, Jess, Michelleです。
ママたちにも参加して頂きました。
生徒たちは“What is her name?” “Is she from Los Angeles?”
“Does she speak Chinese? といろいろ質問して、名前当てゲームをしました。
be動詞、一般動詞をつかい、Does~? とYes, Noで答えられる質問、
What fruit does~? とYes, Noでは答えられない質問なと多くの質問に答えました。
生徒達は、ちゃんと質問の内容を理解し、正確に答えられました。
すごいです!マサコ先生は満足!

     大 彼女     大 彼女2

  Easter Egg Huntをしよう
高学年になっても、エッグハントは楽しそうです!
なかなか見つからなくて、あっちを探したり、こっちを探したり、
「ない!」「ない!」と叫んでいました。
『うーん、今回は上手に隠した!』と内心喜んでいました。
最初に見つけたのはNちゃん、次はR君、Sちゃんはなかなか見つからなくて、
マサコ先生に、「あら!残念!そろそろ時間切れだよ」と言われてました。
 Sちゃんが大きな声で「あった!」と叫びました。よかった、よかった!
そのエッグを割ったら、色々なお菓子が出てきて、大喜び!
     大 発見

ごあいさつ
おみやげは, 『マサコ 堂のカステラ』。イベントには、かかせないもの(?)、ですよね。
みんなが「おいしい!」といってくれるので、はりきってつくりました。
    
イベントにご参加いただき、そしてご協力いただき、ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

スポンサーサイト



Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(1) TOP

2015’03.25・Wed

イースター・パーティ

イースター・パーティ

3月23日(月)、イースターパーティを行いました。 イースター(復活祭)は、
「春分後の最初の満月のあとの最初の日曜日」
と決められています。
今年のイースターは4月5日です。
幼稚園児・小学低・中学年の生徒とママたちに参加加して頂き、
楽しいひと時を過ごせました。
ブログをご覧になって、楽しかったひと時を思い出して頂ければ、と思います。

ごあいさつ

Easterのおはなし 
4枚の絵を使ってイースターのお話をしました。
ずっと、ずっとむかし、男の子が生まれました。名前はイエス・キリスト。
イエスの生まれた日はクリスマスです。おかあさんの名前はマリア。  
イエスは大きくなってとても人々にとって大切な人になりましたが、
十字架にかけられて、死んでしまいました。
でも、イエスは再び生き返りました。その日がイースターです。

そして、アメリカやヨーロッパの子供たちがイースター・エッグを作ったり、
エッグ・ハントをしたりして、楽しく過ごすことを話しました。

イースターに関する英単語を16こおぼえよう
イースターのシンボルは、イースターバニーやイースターチックです、
ウサギは多産、ひよこは卵の殻を破って出てくるので、命のシンボルになっています。
それらの単語を使って、「これは~です」という英文を覚えました。
aがつく場合と、anがつく場合と、何もつかない場合を
しっかり区別して英文が言えました。


Bingo Gameをしよう!   
This is a/an/× ~.   これは(ひとつの)~です
Bingoゲームは、いつも盛り上がります。 リーチ、ビンゴという声が聞こえました。
ビンゴになると、お菓子をゲット。
     ビンゴ

Story time (Bug in a rug)  
いろいろな動物や物と色が組み合わさった絵本です。
読み終わったあと、たくさんの質問をしました。
What is the color of the bug? と聞くと、すぐに手が挙がりました。
ちゃんと集中して聞くことができました。すごいです。
    絵本     
   
Easter Egg をつくろう    
“What color do you like?” “ I like ~ ~. と答えて、好きな色のクレヨンをもらって
ゆで卵に絵を描きました。最初に、事前にお勉強した自分の名前を書き、
羊や、犬や、幾何学模様など、好きな絵を描きました。
そのあとに、食紅でつくった色水、黄色・赤・緑のなかで好きな色につけて出来上がり。
白い卵に白いクレヨンで絵を描いて、色水につけると、『あら?不思議』
     クレヨン     色付け     イースターエッグ

Easter Egg Hunt をうたおう 
大きな声で歌えたら、「エッグハントをするよ!」というと、いつもより大きな声で歌えました。

Easter Egg Huntをしよう
さあ、楽しみにしていたエッグハント! すぐに「あった!」「あった!」と
あちこちから大きな声が聞こえてきました。
でも、なかなか見つからなくて探している生徒もいましたが、
最後には見つかり、うれしそうでした。
そのエッグを割ったら、色々なお菓子が出てきて、大喜び!

ごあいさつ
最後はイースターエッグを高く掲げて、全員でパチリと写真撮影で終了。
     全員

そして、おみやげには『マサコ堂のカステラ』。イベントには、かかせないもの(?)、ですよね。
みんなが「おいしい!」といってくれるので、はりきってつくりました。
    
みんな、とっても楽しそうに過ごしていたように思います。
今回初めて参加したAちゃん、C君、楽しかったですか?

イベントにご参加いただき、そしてご協力いただき、ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。



Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(1) TOP

2015’03.16・Mon

第5回 出版記念パーティ

第5回出版記念パーティー
3月13日(金)に第5回出版記念パーティーを開催しました。主催者は5人の作家。
保護者の方をお招きし、生徒たちの作品の発表を楽しみました。

パーティーの流れは以下の通りです。 司会は高学年の生徒が二人で、前半と後半に分かれました。

全員で、「第5回出版記念パーティーをはじめます」とごあいさつをしてから始めました。
いろはカルタ
いろはカルタの読み手は高学年の二人の生徒。2セットで88枚の絵カードを低学年の生徒が
取りました。保護者の方にも参加してもらいました。2セットあるので、読み札1枚で、
絵札を1枚取る場合と、2枚取る場合があるので、注意しなければなりませんでした。
読み終わるとすぐに、「ハイ」と手が伸びて、カードをとっていました。
保護者の方も、子どもたちに負けまいと、かなり気合を入れていましたが、
わかっていてもカードが多くて、目がちらついてなかなか取れないようでした。
取れたときの笑顔、ステキでしたよ。とてもいい雰囲気でした。
親子で一緒に何かするってステキですね。
     カルタ     2カルタ

ゲームが終わった後で、自分の取ったカードのことわざを親子でチェックしました。
言えなかったカードとお手つきした枚数のカードを出してもらいました。
取り上げたカードは、そのことわざが言えた人のものにしました。
みんなにカードを見せると、ハイ、ハイと手を挙げて、スラスラことわざを発表してくれました。
一位はLちゃん、わずかの差で二位はR君、三位はM君。おめでとうございます。すごいです。
  
俳句カルタ 
俳句は日本で江戸時代に生まれた、世界で最も短い定型詩5・7・5です。季語を使うのが特ちょうです。
高学年の生徒は江戸時代の有名な俳人、松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶、向井去来の俳句を
覚えました。保護者の方にも参加してもらいました。
     俳句

私が、最初の5文字を読み、その続きのカードを取るゲームです。約50枚あるので
最初はなかなか見つけられなかったです。でも、一茶の句になると。「ハイ」「ハイ」と言う声が聞こえました。
一茶の句は、動物をうたった句が多く、覚えやすいですね。
去来の句が一番覚えにくかったようです。保護者の方も、「あれ、あれだよ」と叫んでいましたが、
さっと子どもたちに取られていました。
お手つきした枚数のカードを出してもらい、そのカードの上の句が言えた人のものにしました。
上の句を言うことは、かなり難しいですが、全部思い出すことができました。
一位はNちゃん、二位はAちゃんでした。おめでとうございます。

「ことばの絵本」の絵を見て作った短いお話の発表
M君は「え」「お」「く」「さ」「ゆ」
R君は「け」「ち」「つ」「と」「ほ」
Lちゃんは「て」「の」「ふ」「る」「ろ」
4.北原白秋の「あめんぼ」の発表
高学年のNちゃんとAちゃんが発表してくれました。
「あめんぼ赤いな ア、イ、ウ、エ、オ。
うきもにこえびもおよいでる。」とアイウエオ順につづく詩です。

朗読発表「宝の下駄」
生徒が5人。1人がナレーター役なので、登場人物が4人のお話を探しました。
「宝の下駄」の登場人物は4人、「欲張ったらダメだよ」という教えがわかりやすく書かれています。
昔言葉がいっぱいなので、少し言いにくいのですが、生徒たちはよく練習をしたので、うまく発表できました。
     宝の下駄

作品発表
低学年の生徒のお話のテーマは「AさんがBさんを BさんがCさんを連れてくる」です。
高学年のテーマは「取り換えっこ」「立場が違う者同士が、最後には分かり合う」です。
それぞれのテーマに合うお話を学習してから、自分のお話を書きました。
*最初はM君の作品「氷のおしろ」   
 氷のお城に住んでいる姉のアツガルル王女と弟のサムガリ―王子。ユニークな名前ですね。
 名前から、二人は正反対な性格かな?と推測できますよね。案の定、喧嘩ばかり。
 でも、二人は音楽が大好き、仲良しなんですね。そのお城に乱暴者のシロクマが侵入して、
 お城を壊してしまいます。さあ、大変!でも、シロクマはお城を壊したことを謝ったので、
 メンバーに入って、みんなでコンサートをすることになりました。良かった!
      
*次はLちゃんの作品「ふしぎなこうえん」
 学校のそばにある公園の描写が詳しく書かれていて、私も行って遊びたいと思うほどです。
 ゲールという不思議な鳥が、犬をネコに、ネコを犬に魔法を使って変えてしまいました。
 その魔法が解ける描写がすごく上手で、「なるほど!そうだったのか」と感心しました。
 ゲールの音を聞くと不気味な感じ、みいるちゃんと聞くと可愛らしい女の子、ネーミングが上手です。
 最後の「ごめんね」「いいよ」という響きが心地よいハッピーエンドの作品です。

*次はR君の作品「さかなたちのぼうけん」
 ヒラメのヒラメッキ―、アサリのアッサーとリッサーなど、魚の名前が面白いです。
 本当にネーミングが上手です。ちいさな魚たちが、ボクシングをしたり、かくれんぼをしたり、
 海で遊んでいる様子が楽しそうに描かれています。そんな海に、突然サメがやって来ます。
 ちいさな魚が協力してサメをやっつけ、最後はサメを追い払い、パーティ。
 とても楽しいお話で、お話を読むと、ほのぼのとした気持ちになります。

*次はAちゃんの作品「花咲きパン屋さん」
 初めてのお話ですが、原稿用紙9枚と大作を仕上げました。森の中にある花咲きパン屋さん、
 3人の女の子がパン作りに挑戦し、お店を出し、コンテストに出るお話です。
 パンを作っている時の心の様子、お店のパンが売れなかった時の心の様子がうまくかけていました。
 特に世界一のパン屋さんコンテストには一人しか出場できなくて、仲かよかった3人にヒビが入ります。
 その心の葛藤がうまく書けていました。

*最後はNちゃんの作品「しらたまちゃんの冒険」
 原稿用紙13.5枚の超大作ですが、場面がどんどん変わっていくので、引きこまれます。
 しらたまちゃんが繰り広げる冒険が面白くて、しらたまちゃんと一緒に不思議な力を持っている
 『虹色の石』を探しているような気持になります。擬音語・擬態語などが効果的に使ってあり、
 お話を面白くしています。らたまちゃんの人柄の良さは、お話を書いたNちゃん自身のような気がします。
 ところどころに書いてあるイラストが、その状況を具体的に表しています。心温まるお話です。
     
全員で、「第5回出版記念パーティーを終わります。ありがとうございました」というごあいさつで終了。
保護者の方には『ファンレター』を書い頂きました。生徒たちはそのファンレターを読むのを
楽しみにしています。そのコメントはお話を書こうとする意欲、励みにつながります。
ありがとうございました。


「書くこと」は、「聞くこと」や「読むこと」や「話すこと」と同じぐらい大切な学習です。
四領域の中では、一番苦手とする生徒が多いです。書くには『考える』ことが必要とされるからです。
指示されたことは完璧にできても、『自分で考え、選択し、行動する』ことは難しいですよね。
国語のクラスでは、『本を読む』『お話を書く』をお勉強しています。
この二つは車の両輪のように作用します。
『考える力』をつけるには、たくさんの本を読んで、お話を書くことで、
その力をつけることができると考えています。
『考える力』はすべての教科の基礎となるものです。しかもその力は学業だけではなく、
スポーツや友人関係にも大切なものです。


第5集 『春のふしぎなお話』を出版でき、うれしく思います。
保護者のみなさま、第5回出版記念パーティにご出席いただき、本当にありがとうございました。
心から感謝いたします。

エムズ・アカデミーの国語のクラスにご興味を持たれたら、ご連絡頂ければ嬉しいです。

関口

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2015’03.07・Sat

第23回「英語と国語で遊ぼう!」

第23回 英語と国語で遊ぼう!

第23回「英語と国語で遊ぼう」を2月28日(土)に行いました。
国語を1時間、少し休憩をして、英語を1時間勉強しました。
初めて参加のお友達が3人、Aちゃん、Bちゃん、Cちゃん。
Aちゃんは、エムズの生徒A君のお友達、
Bちゃん、Cちゃんはエムズの生徒B君のお友達姉妹です。
3人とも初めてなのに、大きな声で自己紹介ができて立派でした。
緊張することなく、国語や英語のお勉強ができました。
今回はグループ対抗にしました。2人で1グループ、
2人でヒソヒソ相談しながら答えていました。

国語
しりとりあいうえお
ついひ あしかと あそびた」「のしし いつでも いそがしそ
かれた うしの うたうこえ」など、動物の名前が入っている文章が
しりとりになっています。
「あ」がつく動物にはどんな動物がいるかな?の質問に
「あり!」「ありくい!」と一生懸命考えて答えてくれました。
時々、「い」がつくのは「いちご!」とか、「こ」がつくのは「こま!」とか、
勢い余った答えもありましたが、一生懸命考える姿はほほえましかったです。
皆で声に出して言ったあと、グループごとに声を合わせて言いました。

いちにちどうぶつ(絵本)
主人公の男の子が、いろいろな動物になってみると、
今まで知らなかったことがわかるという絵本です。
男の子の顔がそのままに動物の顔になった絵は、とてもユーモラスでユニークです。
キリンは立ったまま寝るとか、コアラの赤ちゃんはママのウンチを食べるとか、
興味を引く内容が多くあり、子供たちは声をあげて笑っていました。
本を読んだあと、内容に関するクイズをしましたが、
強烈に印象に残る動物とそうでないものがあったようです。
     絵本

ふゆをおいだせ
冬といえば何を思い出す?と聞いてみると、「雪!」「寒い!」との答え。
それを受けて、そんな冬を追い出そうといろいろと試みるきつねたちのお話を
スライドショーで読み聞かせしました。
大きなたき火をしたり、北風を閉じ込めようと走り回ったり・・・
雪かきをして出てきた土の中に青い芽を見つけ、春は確実に近づいてきているというお話です。
お話のあとのクイズは全問正解。皆、よく聞いてくれていました。

折り紙でおひなさまを作ろう
3月3日は、女の子が健康で幸せでありますように・・・と願うひな祭り。
元々は、性別に関係なく健康を願って厄払いをする行事だったそうです。
罪やけがれを人形につけて、川や海に流したのが始まりで、
今でも流しびなとして残っている地方もありますね。
今回は、折り紙でおひなさまを折り、しゃくと扇、金屏風をつけて仕上げました。
折り方の説明をするまでもなく、皆、見本を見ながら、手早く上手に折っていて、
本当に驚きました。
     1折り紙     2おりがみ

日頃から折り紙に親しんでいるのですね。
因みに、お雛さまの飾り方は向かって左に男雛、右に女雛が関東風。
上方風はその逆だそうです。
今回は、関東風で作りました。

休憩です。飲み物を飲んで、お菓子を食べて、またお勉強開始。

英語
Hello!の歌
皆大きな声で歌えていました。

ごあいさつ
“Hello!”の歌で、“How are you?”“I’m fine. Thank you.”を覚えました。
ママたちのところを回ってごあいさつ。
ママたちから、“Hello, 〇〇(名前). How are you!”と聞かれ、
”I’m fine. Thank you.”と答えました。
次は、ママたちにアンパンマンなどのキャラクターになってもらいました。
生徒達は、“Hello, Anpanman. How are you?”と聞くと、
ママたちから、”I’m fine. Thank you.”と答えが返ってきました。
生徒達は、アンパンマンやバイキンマンとあいさつするのがとても嬉しそうで、
ニコニコあいさつしていました。
     ごあいさつ     ごあいさつ2



Who am I? ゲーム
15種類の動物カードから、1枚のカードを選び、その動物に変身。
“Who am I?”と聞くと、みんなが“Are you a~?”と質問して、その動物のカードを当てました。
グループ対抗戦だったので、二人で相談しながら、一生懸命当てようと頑張っていました。
しかし、なかなか当たりません。
おかげで“No, I am not.”.の繰り返しになり、
“Yes, I am.”より難しい“No, I am not.”がかなり身に付いたのでは?
全部当たるのに結構時間がかかりましたが、子供たちの集中はとぎれませんでした。
楽しいことは、夢中になれますね。
     動物

お子さまたちは少しずつですが、確実に知識を身につけてきています。楽しく学んでいます。楽しく学ぶことができれば、学んだことは定着します。
『学ぶことが楽しい!』と思ってくれれば、本当にうれしいです
2か月に一度のイベントですが、ここで学んだことがきっかけになって、
もっともっと英語や国語に興味・関心が深まることを願っています。


手作りお雛様を持って、記念撮影。
さいご

初参加の3人のお友達に、「今日どうだった?」と聞くと、
みんなニコニコ顔で口をそろえて、「楽しかった!」と答えてくれました。
新しいお友達が、緊張することなく、楽しんでお勉強できる雰囲気があるって、
ステキですね。
生徒達、ママたち、みなさんのおかげです。本当に、感謝しています。

4月からの1年間は、奇数月、5・7・9…を予定しております。
次回は5月23日(土)を予定しております。
是非、参加して頂きたいです。新しいお友達も、是非参加して頂きたいです。
みんなで楽しくワイワイお勉強したいと思います。

関口・衣笠

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

 |TOP