FC2ブログ
2014’01.28・Tue

第10回「英語と国語で遊ぼう!」

第10回 英語と国語で遊ぼう

1月25日(土)に国語を1時間(ジュンコ先生)、少し休憩をして、英語を1時間(マサコ先生)、
楽しくお勉強しました。
今回はエムズのお友達3人、2度目の参加のお友達2人、初めて参加のお友達が3人でした。
「前回楽しかったから、また来たよ」と、2度目の参加。とてもうれしいです。
初めてのお友達も3人。


国語の最初は「まめうしくんとあいうえお」(作・絵:あきやまただし)
あくびをする時の「あ~」、石に当たって痛い「いっ!」、すかしたおならの「すー」、
いろいろな状況での声の違い、音の違いを楽しみました。
でも、まだ始まったばかりで皆ちょっと恥ずかしそうでした。

次は、「どうぶつ早口言葉」(作:きしだえりこ 絵:かたやまけん)
「あんぱんパクパクパンダのパンや」「カバくんのかったカバンばかにでかかった」など
6種類の早口言葉を声に出して言いました。
「一人で言える人!」というと、勇気を出して手を上げて発表してくれました。
発表後の表情は、自信に満ちてキラキラしていました。
     早口
 
今年初めての『英語と国語で遊ぼう』なので、「十二支のお話」を取り上げました。
十二支がどうやって決まったか…というお話です。
十二支が言えるようになるといいな…と思っていましたが、何とほとんどのお子たちが知っていて、
発表してくれました。ビックリです。大人でもあやふやな人がいるのに、皆すごい!
     十二支

今回の絵本テーマは「優しい気持ち」
最初の絵本は、「どうぞのいす」(作:香山美子 絵:柿本幸造)。
優しさの詰まったお馴染みの絵本なので、絵を見ずに耳だけでお話を聞いてもらいました。
お話の後クイズをして、答え合わせをしながら、今度は絵を見ながらお話を聞きました。
絵を見ないで、耳だけで記憶するには、かなりの集中力がいりますが、クイズは全問正解!


もう一冊は、スライドショーによる読み聞かせ「こだぬきとやっこだこ」(作:小沢正 絵:村上勉)
おじいさんの優しさに、心がほっこり温かくなるお話です。
お正月に凧上げをした子も多かったようで、興味をもって聞いてくれました。

少し休憩。お菓子を食べて、持参した飲み物を飲みました。

英語が始まりました。初対面のごあいさつを覚えて、ママたちとご挨拶をし握手しました。
     ご挨拶1

6つの色、red yellow blue green pink purpleを覚えました。ママたちにも参加して頂き、色ゲームをしました。
     色ゲーム


“Colors I like”を歌って “I like red. How about you?”を覚えました。
キャンディーをかけて、色合わせゲームをしました。
みんな6色のカードを持ち、相手が出す色を予想して、“I like red. How about you?”同じ色を好きだとキャンディをゲット。ママ&パパにも参加して頂きました。

I like ~(色). を覚えたので、家でママが好き!“I like Mom.”って言ってくれているといいなぁ~。

最後はお菓子をかけたママ&パパとのジャンケン大会。
“Rock, Paper, Scissors. Rock, Paper, Scissors. One, two, three.”
ところが、ママたちの強いこと強いこと!ママたちの連勝で、なかなかお子たちは勝つことができず、
皆その状況に大笑い!親子で笑顔になってもらえて、私達もとても嬉しかったです。
     じゃんけん

2時間があっという間に経ってしまいました。お子たちは楽しく多くのことを学びました。
時間の経つのを忘れるほど『楽しく学ぶ』ことができて、本当にうれしかったです。

生徒たちだけではなく、ママ&パパも含めて、
みんなが楽しい2時間を過ごせるように頑張りました。いかかでしたか?


次回は3月になります。日時・内容が決まり次第、ブログでお知らせしますので、
是非ご都合をつけて、ご参加下さい。お待ちしております。

衣笠・関口
スポンサーサイト



Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(1) TOP

2014’01.20・Mon

第4回出版記念パーティ

第4回出版記念パーティー
1月17日(金)に第4回出版記念パーティーを開催しました。主催者は3人の作家。
保護者の方をお招きし、生徒たちの作品の発表を楽しみました。

パーティーの流れは以下の通りです。 司会はもちろん生徒です。
ことわざカルタ
 全部で84枚のことわざカードの前半を読み、それに続くカードを取るゲームをしました。
 もちろん、保護者の方にも参加して頂きました。
 生徒たちに、「ママ達には1枚も取られないように頑張ろう!」と話しました。
 ママ達も負けるもんかと、必死でした。
 ママ達もカードを見つけると、「はい!」と大きな声で手を伸ばしていました。
 が、もちろん、第1位、2位、3位は生徒がとりました。とても、楽しかったです。
     karuta.jpeg
     
私の好きな俳句・私の作った俳句 
 俳句は日本で生まれた、世界で最も短い定型詩5・7・5で、季語を使うのが特徴。
 日本の俳句は世界でも有名になってきています。
 芭蕉の俳句、「古池や 蛙飛び込む、水の音」。蛙は春の季語で、アマガエルになると夏の季語。
 英語でいうと、The old pond A frog jump in The sound of water です。
     俳句
    

朗読発表「いちょうの実」作:宮沢賢治  絵:谷内六郎
 宮沢賢治の作品で、短い物語ですが、とても感慨深いお話です。
 秋の終わり頃、一本のいちょうの木に育った千人の黄金色の子ども達が旅立ちの日を迎えます。
 旅立ちを前に、お母さんから離れる悲しみ、子ども達同士が別れる不安を話していますが、
 それだけではなく、未来に対する希望や夢、冒険の話など、いろいろ話をしています。
 子どもたちの心情、子たちとの別れを悲しんで黄金の葉を落とすお母さんの心情が書かれていて、
 胸にジンときますね。

     いちょうの実2   い

作品発表
 ・最初の作品はAちゃんの『ドレスのびっくり交かん」。
  テイル姫とローザのお話です。二人が出会い、お友達になります。そして、事件がおき、二人の関係が
  危うくなります。二人の気持ちをよく考え、その心情が言葉でうまく表現されています。
 ・次はBちゃんの作品『不思議街?双子の冒険』。双子と2匹の犬が、森の中に入って行くと、
  次々に不思議なことが起きます。情景描写がうまく書かれていて、テンポよく事件が起きるので、
  どんどんお話に吸い込まれてしまいます。2匹の犬がいろんな場面で吠えたり、うなったり大活躍です。
 ・最後はC君の『龍の冒険』です。龍のタツとトラのランのお語です。タツとランはドラゴンとの戦いに初め
  は破れますが、3年後はドラゴンに勝ちます。その間の成長がうまく書かれています。ラストも続編が
  読みたくなるような終わり方で、工夫を感じました。

  3作品とも、お話の構成の仕方、言葉の使い方が上手で、
  長いお話ですが(原稿用紙6枚、8枚10枚)、内容が面白いので、聞いていてあっという間に
  終わってしまいました。
  お話が起承転結になっているので、次はどうなるのだろう?とワクワクしながら発表を
  聞くことができました。どの作品も力作です

     
4人

  
 
  ママ達には『ファンレター』を書い頂きました。
  生徒たちはそのファンレターを読むのを楽しみにしています。
  そのコメントはお話を書こうとする意欲、励みにつながります。ありがとうございました


  第4集 『冬のふしぎなお話』を出版でき、うれしく思います。
  保護者のみなさま、第4回出版記念パーティにご出席いただき、本当にありがとうございました。
  心から感謝いたします。


  これを読まれると、国語のクラスのレッスン内容についてご理解頂けるかと思います。
  私が一番大切にしていることは『考える力』をつけることです。
  お話を書くことで、その力を育てることができると考えています。
  『考える力』はすべての教科の基礎となるものです。しかもその力は学業だけではなく、
  スポーツや友人関係にも大切なものです。

  エムズ・アカデミーの国語のクラスにご興味を持たれたら、ご連絡頂ければ嬉しいです。
  是非無料体験レッスンを受けて頂きたいです。


  

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(1) TOP

2014’01.07・Tue

第9・10回 英語と国語で遊ぼう 

新しい年を迎え、もう一週間が過ぎてしまいました。冬休みも、もう終わりますね。
この時期、寒いので朝起きるのが辛いですよね。暖かいお布団からでるのは、本当に嫌ですよね。
でも、朝の冷たい空気を吸いながらのお散歩、大好きです。身が引き締まる感じがします。
多摩川沿いに歩くと、真っ白い雪に覆われた富士山が凛と立っています。

厳しい冬の後に、花開く春が来ますね。
イギリスの詩人シェリーの『冬来たりなば春遠からじ』
(厳しい冬がくれば、春はすぐそこ、人生の厳しい冬もいつまでも続くわけではなく、
希望に満ちた未来がすぐ後ろに控えている。)
花開く春を待ちながら、冬のお散歩楽しみたいです。


第9回「英語と国語で遊ぼう!」を18日(土)に東小金井の公民館で、
第10回を25日(土)に国立 エムス・アカデミーで行います。


今月の国語のテーマは「やさしい気持ち」
やさしい気持ち、大事に育てて欲しいです。やさしい気持ちでお友達に接すると、そのお友達も
やさしい気持ちで接してくれます。今もっているやさしい気持ちをもっと、もっと大きく膨らませて、
大きな花を咲かせてほしいです。

みなさんご存知の「どうぞのいす」とスライドショーで「こだぬきとやっこだこ」の読み聞かせをします。
「どうぞのいす」は2013年11月第107刷が増刷されたようです。何度読んでも、いいお話ですよね。
「こだぬきとやっこだこ」はこだぬきとおじいさんの心温まるお話です。


みなさん、十二支って知っていますか?今年は馬年です。すべてのことがウマくいくといいですね。
年の初めなので、「十二支」のお話もします。

英語は、いつものように楽しいゲームが盛りだくさん。
「私は~色が好きです。あなたは?」を覚えて、お友達やママたちに聞いて、親友をみつけよう。

多くの方に参加して頂き、みんなで楽しみながら学習したいと考えています。

是非、ご参加下さい。お待ちしております。


衣笠・関口

     無題A

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP