FC2ブログ
2013’10.31・Thu

ハロウィン・パーティ

楽しかった!ハロウィン・パーティ

10月26日(土曜日) ハロウィン・パーティを行いました。
今回はジュンコ先生をお迎えしました。

1時50分ぐらいから、生徒たちは思い思いのコスチュームを着て元気よく集まってきました。
今回は、魔女、黒猫など、いつもとはちょっと違った雰囲気でした。
髪の毛を一部金髪に染めて?いた生徒もいて、ビックリ。どの生徒も工夫を凝らしていました。

2時からハロウィン・パーティが始まりました。
マサコ先生はとんがり帽子に、オレンジ色のサングラス、マントを着て、魔女に変身し、
ジュンコ先生はマントにスパイダーのヘア飾り、スパイダーガールに変身しました。

ごあいさつ 
 初めて会った時のごあいさつ、Nice to meet you. SHAKE HANDS握手をマサコ先生、
 ジュンコ先生、ママたちにしました。
 そして、2度目~のごあいさつ、Nice to see you again. HUGハッグもしました。
 ハッグはちょっと慣れていなくて、恥ずかしそうでした。イベントのたびに、ごあいさつをしているので、
 ずいぶんスムーズに言えるようになりました。英語って、繰り返しが大事ですよね。
     ごあいさつ

絵本
 ジュンコ先生が『おっとっと』&仕掛け絵本の『かわいいかいぶつくん』を読みました。
 『おっとっと』の最後には、お化けのお蕎麦屋さんが出てきました。
 グループごとに、声を合わせて、「おっとっと」。慌てふためいている様子が感じられて面白かったです。

 仕掛け絵本は、本当によくできていますよね。
 いろいろな怪物くん、魔女、黒猫、ガイコツ、こうもり、おばけ、ドラキュラ、ミイラ、西洋の騎士
 飛び出てきて、怖くて、ビックリ。でも、ちょっとかわいい怪物くんたちでした。

 マサコ先生が英語の絵本『Halloween Party』を読みました。
 気味の悪い怪物たちが、ごちそうを持ち寄ってパーティをします。
 こうもりはAlphabat soup怪物はMonsterous cookies、
 ドラゴンはChocolate Dragonflies、がいこつがSkeleton brittle、
 魔女、あくま、おばけも、それそれもちより、パーティをします。

 最後に Don’t you want to try a little?と聞かれますが、私たちには気味の悪いものばかり。
 まずそうで、食べたくな~い。
     絵本2   絵本3


ハロウィンの歌をうたおう!
 10人のインディアンの歌をヒントにして、“Ten Little Witches”を作りました。
 1番は魔女が空に、2番はゴブリンが庭に、3番はスケルトンが暗闇にいる、という歌に変えて歌いました。 
 “Mother Witch”の歌は、ママが魔女、パパが魔法使い、お兄ちゃんがミイラ、お姉ちゃんがオバケ、
 赤ちゃんがモンスター、こんなステキな?家族の歌に変えて歌いました。
 “Mother Witch、Mother Witch, Where are you?”と歌うと、
 二人の生徒が“Here I am. Here I am.”と答えました。

ビンゴゲームをしよう! 
 ハロウィンの英単語を16個覚えて、ビンゴゲームをしました。
 bat(こうもり) spider(クモ) black cat(黒猫) haunted house(おばけやしき) 
 Jack O’Lantern(おばけかぼちゃ) ghost(おばけ) skull(すがいこつ)
 vampire(きゅうけつき)  spooky tree(おばけの木) goblin(オニ) skeleton(ガイコツ)
 witch(まじょ) monster(かいぶつ)  mummy(ミイラ)  wizard(まほうつかい)
 
 
 ビンゴは盛り上がりますね。ハロウィンに関する英単語はかなり難しいのですが、
 みんなしっかり覚えていました。
 あちこちから、ビンゴと言う声が聞こえ、あっという間にたくさんのお菓子がなくなりました。
     ビンゴ

ハロウィン ジャンケンをしよう!
 spider(クモ)bat(こうもり)ghost(おばけ)
 witch(まじょ)skeleton(ガイコツ)wizard(魔法使い)に進化?
して、
 魔法使いになったら、お菓子をゲット。

 ママたちにも参加して頂き、盛り上がりました。
 ママたちも真剣にジャンケンをして、勝ったら喜び、負けたらがっかり、とアツくなっていました。
 もちろん、マサコ先生も、ジュンコ先生も。
 でも、大人は一人も魔法使いにはなれませんでした。

ジャック オ ランタン運びをしよう!
 ビニールのジャック オ ランタンを膨らませ、あごに挟んで運びました。
 手は使ってはいけないので、ジャック オ ランタンを次の人に渡すのがなかなか難しかったので、
 楽しかったです。このゲームにもママたちに参加して頂き、とても盛り上がりました。
     かぼちゃ

スライドショー「ハロウィンってなぁに?」
 ジュンコ先生が「ハロウィンってなぁに?」を読みました。
 子どもたちはハロウィンについて、「トリック オア トリート」と言うとお菓子をもらえる日と
 いうことは知っていますが、その歴史を知りません。
 『昔、アイルランドに、ジャックというケチでズルいおじいさんがいたんだよ。死んでも、天国には行けず、
 地獄に行ったけど悪魔にも嫌われて、追い出されてしまった。ジャックは悪魔がくれた赤い炭火を
 くりぬいたカブに入れて、この世とあの世をさまよい歩いているんだよ。
 今はカブの代わりにかぼちゃを使うんだけどね。』

 
 このお話を聞いて、どうしてかぼちゃのランタンをジャック オ ランタンと呼ぶのかわかりましたよね。
 お話のあと、ジュンコ先生がたくさんのクイズを出しましたが、全員正解でした。
 本当にしっかりお話が聞けました。

Trick or Treatをしよう
 一番楽しみにしていたTrick or Treat です。
 生徒たちは4か所のドアをノックして、“Trick or Treat”
 中にいたママたち&マサコ先生&ジュンコ先生からお菓子をもらって、Thank you. Happy Halloween.
     トリック

ごあいさつ 

 盛りだくさんの内容で、2時間があっという間に過ぎてしまいました。
 写真を写してから、生徒たちは元気よく、お菓子とマサコ堂のカステラを持って、帰って行きました。

 ハロウィンパーティに参加して頂き、ありがとうございました。親子で楽しいひと時を過ごして頂けましたか?

 
保護者の方から、うれしいメールをたくさん頂きました。
 「ジャンケンも、かぼちゃリレーも、親の私まで、アツくなってしまいました。」
 「マサコ堂のカステラ、美味しく頂きました。」
 「ステキなイベントをありがとうございました。随所にマサコ先生の工夫があり、感心しました。」
 「たくさんのお菓子をゲットし、子どもたちはハロウィンパーティを思い出しながら、
  少しずつお菓子を食べています。」
 「ジュンコ先生の読み聞かせもすごく良かったです。次回も楽しみです。」
 「子供たちの英語の発音の良さに驚かされます。」


 
 親子で楽しめるように、ずいぶん前からプランを考え、準備しました。このようなメールを頂くと、
 本当にうれしく疲れが吹き飛ぶ思いです。
 

 楽しいことがあれば、ちょっと辛いことも頑張れる、
 楽しいことは辛いことを乗り越えるエネルギーになると、私は考えています。
 その楽しいことが親子で共有できれば、なお良いと考えて、イベントに取り組んでいます。

 

 今回、たくさんの笑顔を見て、たくさんの笑い声を聞きました。それらが、私の元気のもとです。
 ご参加、ありがとうございました。心から感謝しております。

 
 今後も頑張っていきたいと思っておりますので、ご協力・ご支援、宜しくお願いします。
スポンサーサイト



Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.15・Tue

第7回「英語と国語で遊ぼう」

第7回「英語と国語で遊ぼう」をエアーズシティで10月12日(土)に行いました。

国語を1時間、少し休憩をして、英語を1時間勉強しました。
国語はジュンコ先生、英語はマサコ先生です。

今回の参加者は、Aちゃん(小1年)、Bちゃん(小2年)とCちゃん(Bちゃんの妹、年長)。
小学生の二人は参加経験がありますが、Cちゃんははじめて、ちょっと緊張気味です。

最初は国語。
はじめに絵本「おっとっと」(作:木坂涼 絵:高畠純)をジュンコ先生が読んでくれました。
高畠さんの絵は本当にユーモアがあり、ほのぼのとしていて、大好きです。
「いぬのとうさん おっとっと、かいしゃにちこくだ おっとっと、じてんしゃこぎこぎ おっとっと」
2度目は、「おっとっと」のところを、みんなで繰り返しました。最初は遠慮がちで小さな声でしたが、
だんだんノリノリになり、大合唱になりました。

「おっとっと」、その情景が目にうかぶ言葉ですね。
image3.jpg

次は「ことわざカルタ」。
意味の説明では、うなずきながら、しっかりと聞いていました
そのあと、カルタ取りのゲームをしました。みんな真剣そのもの。
image.jpeg

10月31日はハロウィン。テーマを「ハロウィン」に変えて、ハロウィンについて学びました。
1冊目はディズニーの仕掛け絵本、「ホーンテッドマンション」 。
オバケがたくさん出てくる仕かけがあり、みんなであちこち引っ張りながら楽しみました。
2冊目は、「ハロウィナー」(作&絵:デーブ・ビルキー 訳:金原瑞人)。
ジュンコ先生が、「読み終わったら、クイズをだすね」と言うと、みんなどんどん本の方に寄ってきて、
集中して聞いていました。クイズは皆、全問正解!すごいです。」

見ていたお父さん、思わず「凄いな~」と感心しきりでした。

最後はスライドショーによる、「ハロウィンってなあに?」(作:クリステル・デモワノー 訳:中島さおり)
かぼちゃのランタンは、もとは違う野菜だったことなど、初めて知ったことがたくさんあったようです。

少し休憩。お菓子を食べて、持参した飲み物を飲みました。

英語が始まりました。
最初は、初めて会った時のご挨拶の練習をしました。
パパ、ママ、ミッキー、ミニー、ジュンコ先生、マサコ先生にご挨拶をして、握手をしました。
ごあいさつ

次は、歌“Hello”を歌いました。みんな、すぐに覚えてしまいました。

次に、前回のジャンケンを復習して、今回は「Halloween Janken」しました。
ハロウィンの単語を6つ(spider, bat, ghost, witch, skeleton, wizard)練習して、
ジャンケンゲームをしました。
最初は全員がspider(クモ)、spiderとspiderがジャンケンをして、
勝ったらbat(コウモリ)、batとbatがジャンケンして、勝ったらghost(オバケ)、
次はwitch(魔女)、次はskeleton(ガイコツ)、
最後はwizard(魔法使い)と、だんだん進化?していくゲームです。

生徒たちはもちろん、パパもママも私達も真剣。
あちこちから、Rock, Paper, Scissorsの大きな声が聞こえてきました。
ジャンケン

次は、ジャンケンゲームで覚えたハロウィンの単語にJack o’ Lantern(おばけかぼちゃ)と
black cat(黒猫)を加えて覚え、マッチングゲームをしました。

1度目は大人も入り、2度目は生徒たちだけでゲームをしました。
マッチング

あっという間に2時間が過ぎました。今日、生徒たちは、とてもたくさんのことを学びました。
ゲームをしながら、楽しく学習できたので、かなり多くのことが記憶に残るだろうと思います。

参観並びに参加して頂いたパパ&ママ、ありがとうございました。
生徒たちが、国語のクイズで正解するたびに、「わっ、すげぇ」を連発し、
英語の単語が覚えられたら、「もう、覚えちゃたぜ」としきりに感心していたパパ。
あなたのその声を聞いて、生徒たちはもちろんのこと、私たちもうれしくなりました。


「普段から、やらず嫌いなところがある子が、どんどん引き込まれて、
積極的に参加している様子を見て、うれしかったです。帰ってきてからも、ジャンケンや歌を歌って、
楽しそうにしていました。『楽しかった!今度も行きたい!』と言ってます。」という
お話を伺うことができ、私たちも本当にうれしいです。


本来、学ぶことは楽しいと思いますが、現実はなかなかそうもいかないようです。
私たちは、『楽しく学ぶ』このことを念頭に置いて、学習内容を考えています。

次回は12月14日(土)を予定しております。内容が決まりましたら、エアーズの掲示板、
並びにブログでおしらせします。
皆様のお越しを、心待ちにしております。お誘い合わせて、お出かけください。


衣笠・関口

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.12・Sat

第2回 英語の学習発表会

第2回 英語の学習発表会
10月7日(月)と10日(木)、二回に分けて、英語の学習発表会を行いました。

学習発表会に向けて、生徒たちは日々のレッスンをちょっと緊張感を持って、頑張りました。
保護者のみなさまに学習の成果を見て頂きたく、計画しました。

いつもは二人でレッスンをしています。学習発表会は、他のクラスの生徒がいて、ママたちがいて、いつもとはちょっと違う雰囲気。予定していた時間が、あっという間に過ぎてしまいました。

あいさつ

自己紹介と物語の発表
  自己紹介は、自分の名前、年齢、好きな色、好きな動物、好きな果物を、物語の発表はディズニーでおなじみの
  「ニモ」、グリム童話の「ヘンデルとグレーテル」、そしてイソップ物語の「キツネとカラス」
  学年や学習年数に応じて、暗記しました。

  レッスン時に一文ずつ、先生のあとについて何度も繰り返し、練習して暗記しました。
  次の週、また次の週に繰り返すことで、その文が定着しました。
  生徒たちの年齢では、まだ文法を理解しての暗記ではありません。

  なかなか覚えられなかったのですが、最後はちょっと必死に覚えていました。
  時には、このような緊張感が必要だと思います。

  発表会では、それぞれのお話の絵をスクリーンに映しながら、暗記した文を発表しました。
  みんなの前で発表、すごく緊張したのではないかと思います。
  覚えていた文でも、緊張すると忘れてしまうものです。でも、みんなしっかり覚えていて、びっくりでした。

  内心、忘れてしまうかと心配していましたが、みんなスラスラと発表でき、すごくびっくりしました。
  本当によく頑張ったと思います。 

     ニモ


  今回は、CD強調文なしで歌ってもらいました。生徒の声がCDの声に消されてしまうからです。
  2人で2曲を歌いました。 “Sunday, Monday, Tuesday” “Head Shoulders knees and toes”
  あるいは“I’m so happy” “ Mother Finger” 
  あるいは“Sally’s wearing a red dress” “This is the way”. それぞれ違う歌を歌ってもらいました。
  みんなとても上手に歌えました。
     歌    

ゲーム
  ①ごあいさつ
   ママたちとご挨拶をしました。
   初めて会った人とは、Nice to meet you. とご挨拶をし、握手をしました。
   そして、2度目・3度目に会った人とは、Nice to see you again. とご挨拶をし、ハッグをしました。
   ハッグ、私たち日本人にはない習慣ですが、とても私は好きです。  
  ②Who Am I ?
  一グループは、アンパンマンキャラクターを使い、別のグループはスヌーピーのキャラクターを使い、Who Am I ?
  クイズをしました。ママたちにお手伝いをお願いし、楽しくゲームをすることができました。
  ママ: Who Am I ?  
  生徒: Are you a boy?
  ママ: Yes, I am.
  生徒: Are you Charlie Brown ?
  ママ: Yes, I am. / No, I am not.
  ママたちと楽しく会話しました。
  ③ママたちの好きな動物や果物を当てよう
  生徒: I like 動物s. How about you?  
  ママ: I like 動物s.  または  I like 動物s, too.
  生徒: Oh, I see. または  Oh, really?
  
  生徒: I like 果物s. Do you like 果物s, too?  
  ママ: Yes, I do.  または  No, I don’t. 
  生徒: Oh, really? または  Oh, I see.
   ママたちから同じ動物や果物が好きだという答えが返ってくると、生徒たちは大喜び。
   ポイントをゲットできるからです。
   ゲームの最後には、ゲットしたポイントの数だけ、キャンディーをゲット。
     アンパンマン  果物    

   ママたちと英語で会話できて、生徒たちは本当に楽しそうでした。
   ニコニコしながら、ママたちと英会話をしているのを見ているのは、本当にうれしいです。
   ママたちに「すごいね」「上手ね」「よく覚えたね」などと褒められることが、
   生徒たちの英語に対する自信を一層深くします。
   生徒たちは、みんなとても頑張りました。いっぱい、いっぱい褒めて欲しいです。
  
   
   生徒の学習意欲を向上させるのに一番大切なのは、生徒同士の学習刺激です。
    お友達から良い刺激を受けて、「もっと、頑張ろう」と思ってくれたら、うれしいです。


   後日、ママたちから、うれしいメールを頂きました。
   「楽しそうに英語を話していたことがうれしいです」
   「少しずつ、英語の力がついてきていることがわかりうれしかったです」など。
 
 
   私達は毎日、日本語で生活しております。残念ながら、毎日の生活の中で、英語を使う機会があまり
   ありません。週1回のレッスンですが、継続することで、多くのことを覚えることができるのだなあ、
   と改めて感じました。これからも、楽しくレッスンができるように頑張っていきたいと思います、

   日ごろの学習の成果をお見せできたので、うれしく思っています。
   お忙しい中、参観して頂き、ご協力して頂き、心から感謝しております。
   ありがとうございました。

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP