FC2ブログ
2013’04.22・Mon

考える力

国語のレッスン・・・考える力

4月20日(土) NHKの週刊ニュース深読み、を見ていました。
     無題
     
保護者の皆様、ご覧になられたでしょうか?
テーマは脱ゆとり、そして「考える力」をつけるというものでした。
フィンランドは学力世界一と言われており、
生徒にどのようにして「考える力」を付けているか紹介していました。

小学5年生の教科書を取り上げ、日本の教え方とフィンランドの教え方の違いを分かりやすく説明。

タイトルは パブロ・ピカソ 世紀の天才画家
フィンランドでは、
タイトル パブロ・ピカソ 世紀の天才画家 だけ提示し、
ピカソについて知っていることを発表させる
。(文章、絵の両方とも隠す)
     IMG_2680.jpg

次に絵を提示し、この2枚の絵について、どちらの絵が好きか。
絵を見て感じたこと、考えたことを発表させる
(文章は隠したまま)
     IMG_2681.jpg

そして最後にピカソについて書いてある文章を読む
     IMG_2679.jpg


で生徒に発表させたことが、のピカソについて書いてある文章と関係なくても、
いいのであり、生徒がタイトルを見て、絵を見て、考えることが大切だと言っていました。

そして、自分が伝記作家になったつもりで、ピカソについて書く。
いろいろ推論し、自分の考えをまとめ、そして自分の言葉・文章で発表する


日本では、知識=学力と考えられがちでありですね。
本当の学力は知識だけでは不十分です。知識+考える力=学力
     IMG_2683.jpg

日本の学校教育の現場では、生徒に考えさせる時間が十分取れていません。
解説委員が持っているボードに、「課題について話し合う時間」日本9%、
フィンランド37%と記されています。
まだまだ、諸外国と比べるとかなり低い数値になっております。   
     IMG_2678.jpg


エムズ・アカデミーで行っている国語のレッスンがまさに、これです。
生徒が考える力を身につけるために、本を読み、お話を書く。
この過程で、本当にいろいろなことを考えます。
生徒に推論させたり、いつも「なぜ?」「どうして?」問いかけたりする活動を通して、生徒に考えさせています。

その繰り返しで、お話が出来上がっていきます。


エムズ・アカデミーの国語のレッスンにご興味を持たれたら、ご連絡頂ければ、うれしいです。


スポンサーサイト

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’04.15・Mon

イースターパーティ

イースター・パーティ

4月13日、イースターパーティを行いました。
イースター(復活祭)は、「春分後の最初の満月のあとの最初の日曜日」と決められています。
今年のイースターは3月31日でした。
全員の生徒と保護者の方に参加していただき、本当に楽しいひと時を過ごすことができました。
2時間のイベントですが、あっという間に時間が経ってしまいました。
楽しい時間って、どうしてあっという間に終わってしまうのでしょうか?
ブログをご覧になって、楽しかったひと時を思い出していただければ、と思います。

 ごあいさつ
  アメリカ人のサブリナ先生に来ていただきました。
  サブリナ先生と初めて会う生徒は、Nice to meet you.
  会うのが二回目、三回目という生徒はNice to see you. とご挨拶しながら、しっかり握手ができました。
  ママたちとも、ご挨拶して頂きました。
     ご挨拶 (1)


 イースターのおはなし(サブリナ先生)
  4枚の絵を使ってサブリナ先生はイースターのお話をしてくれました。
  ずっと、ずっとむかし、男の子が生まれました。名前はイエス・キリスト。
  イエスの生まれた日はクリスマスだよ。おかあさんの名前はマリア、お父さんの名前はヨゼフ。  
  イエスは大きくなってとても人々にとって大切な人になりましたが、十字架にかけられて、
  死んでしまいました。でも、イエスは再び生き返りました。その日がイースターだよ。

  難しいお話を簡単に教えてくれました。
  
  そして、アメリカやヨーロッパの子供たちがイースター・エッグを作ったり、エッグ・ハントをしたりして、
  その日を楽しく過ごすことを話してくれました。
 
 16匹の動物の名前をぼえよう     
  ウサギは多産なのでイースターバニーとして、
  ひよこは卵の殻を破って出てくるので、イースターチックとして、イースターのシンボルになっています。
 
  そこで、今回のビンゴは動物にしました。
  この16匹の動物の名前はレッスンでお勉強したので、みんなちゃんと覚えていました。

    “What’s this?” 
   “A duck.” “An owl.”

  今回は、個人の名前が書いてあるカードを用意し、みんなの前で一人で英語で答えました。
  幼稚園のお子様も頑張りました。ちょっと恥ずかしくて、声が小さかったお子様もいました。
  慣れてくれば、大きな声で答えられますよ。

 ビンゴゲームをしよう     
  ビンゴゲームは、いつも盛り上がります。
  景品はlollipop 棒つきキャンディ。いろいろな味があって、みんな何本もゲットしたようです。
     ビンゴ


 ねこのこ の歌をうたおう
  イースターの歌は特にないので、今回は動物のうた「ねこのこ」を歌いました。
  ♪わたしは ねこのこ ねこのこ おめめは クルッ クルッ♪ という歌詞に合わせながら、
  手遊びがついているかわいい手遊び歌です。
  レッスンの時に日本語で練習しました。

  ここは、中学生のAちゃんにお願いしました。Aちゃんはピアノで伴奏のテープを作ってくれました。
  Aちゃんはみんなが大きな声で歌えるように、頑張ってくれました。Aちゃん、ありがとう!
  
  日本語で歌えるようになったら、今度は英語で歌いました。サブリナ先生が作詞してくださいました。
  I'm a cat. A Kitty cat. A Kitty cat.

  初めて練習、ちょっと難しい単語、whiskers, glowing, stickingがあり、
  サブリナ先生の後について一生懸命リピートしました。
  何回か練習して、ママたちも含めてみんなで「ねこのこ」を英語で歌いました。
     ねこのこ


16匹の動物の鳴き声をおぼえよう
  ビンゴゲームの16匹の動物の鳴き声を覚えました。これは事前にお勉強していません。
  この鳴き声をおぼえて、次のゲーム「農場パズル」をします。みんな真剣に覚えていました。
  ゲームではお菓子がもらえるからかな?

  動物はアメリカでも、日本でも、同じように鳴くのですが、その音をとらえる耳が違うのでしょうね。
  アメリカでは、ブタの鳴き声は、oink oink (オインク、オインク)、日本では、ブーブー。
  カエルは ribbit ribbit(リビット リッビト)、日本では、ゲロゲロ。本当に面白いですね。

農場パズルをしよう
  サブリナ先生が農場の写真を見せて、いろいろ質問しました。
  「10秒でこの絵を覚えて、パズルをします」というと、みんな真剣に、左の方に牛がいる、
  空に鳥が飛んでいる、下の方にネコがいる、と一生懸命記憶していました。
 
  :   What‘s this?
  : A horse.
  :   A horse says ……….
  : Neigh.

  鳴き声が答えられたら、お菓子をゲット。パズルのピースをA~Pにあてはめ、正解なら、お菓子をゲット。
  ピースを当てはめるのはチームで知恵を出し合いました。
  最初は、なかなかピースがあてはめられなくて、悔しがっていましたが、
  徐々に埋まってくると、簡単にあてはめられました。

 イースターエッグゲームをしよう
  イースターエッグころがし 
  プラスティックのイースターエッグをコルクマットの端から転がしました。
  強く転がすと、マットから出てしまいました。
  卵の形は微妙な動きをして、途中でUターンをしたりして、面白かったです。
     たまご (1)


  イースターエッグ運び
  エッグをトイパーの芯の上にのせて運びました。
  次の人のトイパーの芯の上に上手にイースターエッグをのせて運び、
  また次の人にトイパーの芯の上にエッグをのせて運びました。
  手を使わないで、エッグを移動させるのが難しかったようです。

 ブタの絵本 Suddenly(サブリナ先生)
  ブタのプレストンとオオカミのとても面白いお話。
  オオカミがプレストンを食べようとして、あちこちで待ち構えているのですが、
  あと少しでオオカミに食べられそうになるときに
  プレストンはSuddenly(きゅうに)何かを思い出したり、気が変わったりするので、
  オオカミに食べられないでお家に帰ることができました。

  サブリナ先生強調文が絵本を読んでくれている間に、生徒たちが大きな声で
  Suddenlyと言ってくれたので、お話が盛り上がりました。

 イースターエッグハントをしよう
  さあ、楽しみにしていたエッグハント!
  すぐに「あった!」「あった!」とあちこちから大きな声が聞こえてきましたが、
  エッグを割ってみたら、がっかり。 今回は人数よりたくさんのエッグを隠しました。
  がっかりしないで、またエッグハント!「あった!」、今度はエッグを割ったら、色々なお菓子が出てきて、大喜び!
  でも、まだ見つからない!と言う声が。 
  「マサコ先生が怪しい動きをしているよ」「マサコ先生のズボンのポケットがふくれてるよ。あった!」
  「あっ、サブリナ先生のカーディガンのポケットがふくれてるよ。あった!」
  今回は上手に隠せました。
     ハント

  
  そして、おみやげには『マサコ 堂のカステラ』。
  イベントには、かかせないもの(?)、ですよね。
  みんなが、「おいしい!」といってくれるので、はりきってつくりました。
  
ごあいさつ
  Good-bye 歌を歌って、最後は全員でパチリ、家族ごとにパチリ、と写真撮影で終了。


  みんな、とっても楽しそうに過ごしていたように思います。
  今回初めて参加したBちゃん、Cちゃん、楽しかったですか?
  初めて参加のお子様も、何回も参加しているお子様も、みんなが楽しく過ごせるように計画しました。

  動物の鳴き声、どうでしたか? 
  ブタは同じように鳴いているのに、言語によって音のとらえ方が違う、面白いなぁと思います。
  
  今回のイベントの感想などを頂けると、うれしいです。
  その感想を読むことが、私の楽しみであり、頑張りにつながります。お待ちしております。 

  
  イベントにご参加いただき、そしてご協力いただき、ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’04.03・Wed

イースターパーティ

イースターパーティを行います!
     
     無題


 ちょっと楽しそう、行ってみたいな、と思ったら、
ホームページのお問い合わせから、または電話(☎ 042-511-8637)でご連絡ください。

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP